----------------------------------------------------------------------------------
パエリア
----------------------------------------------------------------------------------

 

パエリアは、スペインの代表的な家庭料理です。洋風の炊き込みご飯といったらいいでしょうか。エビやアサリ、イカ・・・など、新鮮な魚介をたっぷり入れた、見栄えのする料理です。スペインでは、もともとお祭りのときにわいわいと大勢で、アウトドアでいただいたといいます。できれば、サフランで黄色く染めて、本格的に作りたいところですが・・・ない場合は、サフランなしでも充分、OK!
楽しく大皿を取り分けていただきましょう。

 

お米をつかったアウトドア料理レシピ パエリア

 

◆材料(4人分)
・米・・・2カップ(320g)
・サフラン(あれば)・・・8本
*サフランは熱湯40mlにつけて色を出しておきます。

 

・あさり(殻つき)・・・200g
・有頭エビ・・・8尾
・ベーコン・・・40g
・玉ねぎ・・・1/2個
・パプリカ・・・あれば黄色と赤のものを2種類各1/2個ずつ(なければピーマン1個)
・ニンニク・・・1片
・オリーブオイル・・・大さじ4
・スープストック(水400mlにつき固形スープの素1個を溶かす)・・・480ml
・塩、コショウ・・・少々

 

*必要な調理用具・・・なべ(深めのフライパンでもOK!)、ふた

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.米は洗い、ざるにあげて水気を切ります。
2.サフランは分量の熱湯につけて色を出します。
3.あさりは砂をはかせます。
4.エビは背わたをとり、塩で下味をつけます。
5.玉ねぎ、ニンニク、ベーコンはみじん切り、パプリカは、太目のせん切りにします。

 

◆調理
6.フライパンにオリーブオイル大さじ1強熱し、エビを入れて炒めます。
7.エビが赤くなったら、アサリを入れてふたをします。
*このとき出た汁はおいしいダシになります。捨てないように!
8.アサリが開くのを待ってから、エビとアサリをいったん取り出します。
9.なべに残りのオリーブオイルを入れて、ニンニク、ベーコン、玉ねぎを入れ、玉ねぎが透き通るまでよく炒めます。
10.米を入れて米が透き通るまで中火で炒めます。
11.10にスープストックとサフランの漬け汁、7のエビとアサリの汁(30ml程度)を加え、強火にかけます。
12.米をよくかき混ぜて塩、コショウで味をととのえ、平らにならしてふたをし、中火にします。
13.約5分煮込み、弱火にしてパプリカを加えて15分加熱します。
14.火を止めてエビとアサリをのせて、ふたをし、約5分蒸らして出来上がり!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
ローストチキン
----------------------------------------------------------------------------------

 

骨付きの鶏もも肉を使ったローストチキンといえば、クリスマス料理の定番ですね。豪華なわりには、意外と簡単にできてしまいます!しかもフライパンひとつでOK!アウトドア料理の一品に是非、加えてみてはどうでしょう?
1人1本でレシピをご紹介しましたが・・・たぶん足りませんね!? 元気なお子さんなら、ひとりで2本、3本・・・軽く平らげてしまいますよ。

 

鶏肉をつかったアウトドア料理レシピ ローストチキン

 

◆材料(4人分)
・鶏もも肉(骨付き)・・・4本
・油・・・大さじ4
・塩、コショウ、レモン汁・・・少々

 

*必要な調理用具・・・厚手のフライパン、アルミ箔

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.鶏肉は、火の通りをよくするために、盛り付けて裏側になる面に骨まで包丁で切り込みを入れます。軽く塩、コショウをします。

 

◆調理
2.厚手のフライパンに油を入れて熱し、1の鶏肉を皮のほうから焼きます。
3.こんがりと焼き色がついたら、火を弱め、アルミ箔をかぶせて蒸し焼きにします。ときどき位置を変えながら、全体に火がよく通るようにして、約20分焼きます。
*鶏肉が大きいときやなかなか火が通りにくいときは、白ワインを少しふって蒸し焼きにします。ただし皮がふやけてしまうので、最後にアルミ箔を取って水分を飛ばし、皮をパリッとさせましょう。

 

4.鶏肉の一番厚いところに竹串を刺してみて、透明な汁が出てくれば火が通っています。
5.器に盛り付け、塩、コショウ、レモン汁、などお好みでかけていただきます。
*食べやすいように、鶏の足の部分をアルミ箔などで包むとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
フルーツカクテル
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドア料理の定番であるバーベキューや鉄板焼きなどで、おなかいっぱいになっても・・・いえいえ、だからこそ、最後の「しめ」で、甘いデザートがほしいものですよね?
フルーツをたっぷり使ったカクテルはいかがでしょう。季節のフレッシュフルーツや缶詰の果物を使って簡単にできるデザートです。ブランデーとワインで大人の香りを演出します。
お子さまには、お酒を入れずにフルーツだけにしてアイスクリームを添えたデザートにしてあげてはどうでしょう。きっと大喜びですよ。

 

大人のためのアウトドア料理レシピ フルーツカクテル

 

◆材料(4人分)
*お好みのフレッシュフルーツ
・リンゴ、みかん、イチゴ、バナナ、グレープフルーツ、キウイフルーツ、マスカット、パパイヤなど。
*お好みの缶詰
・みかん、チェリー、黄桃、洋ナシ、など。

 

・水・・・2カップ
・砂糖・・・大さじ5
・お好みのブランデー、ワイン・・・各大さじ1

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.果物はすべて食べやすい大きさに切ります。
・マスカットは皮をむき、タネを除いておきます。
・フレッシュのみかん、グレープフルーツは房から出しておきます。
・キウイフルーツは皮をむき、薄い半月切りにします。

 

◆調理
2.水に砂糖を加えて煮立たせてさまします。
3.2に1の果物を入れ、ブランデーとワインで香りをつけて、器に盛ります。
*水と砂糖の代わりに、炭酸水でもおいしくできます。できれば器を冷やしておくと、おいしさが引き立ちますね。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
おなべでつくるエビピラフ
----------------------------------------------------------------------------------

 

エビのほのかなピンク色とグリーンピースの緑色が鮮やかなピラフです。バターの風味が食欲をそそるでしょう。おなべでお米を炊くときには、コトコトというふたの音を聞きながら、火加減を調節します。

 

お米をつかったアウトドア料理レシピ おなべで作るエビピラフ

 

◆材料(4人分)
・米・・・カップ3
・むきエビ・・・100g
・玉ねぎ・・・1個
・ニンジン・・・1/2本
・グリーンピース(冷凍)・・・大さじ2
・ニンニク、しょうが・・・各1片
・ローリエ・・・1枚
・スープストック・・・カップ3
(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

 

・バター・・・大さじ2
・塩、コショウ・・・少々

 

*必要な調理用具・・・フライパン、なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.米・・・洗ってざるにあげ、30分程度乾かしておきます。
2.具の準備
・むきエビ・・・竹ぐしの先などを使って背わたをとり、薄い塩水でもむようにしてきれいに洗い、水気を切ります。
・玉ねぎ・・・皮をむいて、みじん切り。
・ニンジン・・・みじん切り。
・グリーンピース・・・解凍。
・ニンニク、しょうが・・・みじん切り。
・スープストックは温めておきます。

 

◆調理
3.フライパンにバターの半量(大さじ1)を溶かして、ニンニクとショウガを香りが出るまで炒めます。
4.3に玉ねぎ、ニンジン、むきエビを入れ炒め合わせます。
5.なべに残りのバター(大さじ1)を溶かして、米を透明になるまで炒めます。
6.4の具材を5のなべに入れ、温めたスープストック、ローリエを入れて塩、コショウで味をととのえ、ふたをして強火で炊きます。沸騰したら弱火にし、さらに15〜16分炊きます。
7.ご飯が炊き上がったら、グリーンピースを加えて5分ほど蒸らして出来上がり!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
バーベキュー
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドア料理の基本中の基本・・・バーベキュー。とはいえ、別にこれといった決まりやレシピがあるわけではありません。適当に切った、肉、野菜など、素材を串に刺して焼き、お好みのソースにつけて、あるいは何もつけなくても! ・・・おいしく召し上がっていただけます。
材料をある程度、ご自宅で用意してもっていかれると、その場ですぐに焼き始めることができます。また、大きな肉(たとえば、ひな鶏の丸焼き!など、豪華ですね)は、あらかじめ火を通しておき、現地では表面をあぶってこんがりさせる程度にしてはどうでしょう?

 

バーベキュー レシピ

 

◆材料(4人分)
・鶏もも肉(骨付き)・・・4本
・ソーセージ(フランクフルトソーセージまたはウィンナー)・・・4本
・牛肉(ステーキ用)・・・200g
・とうもろこし・・・2本
・ピーマン・・・8個
・ししとうがらし・・・4本
*その他
お好きな具材を何でもOK!

 

・塩、コショウ・・・適宜

 

*バーベキューソース
・トマトケチャップ・・・大さじ6
・ウスターソース・・・大さじ2
・しょうゆ・・・大さじ1
・砂糖・・・小さじ2
(お好みでトウガラシの粉少々)

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.鶏肉は、皮のついていない側に、骨にそって包丁で切り目を入れ、関節のすじを切っておきます。こうすることで火の通りが早くなります。塩、コショウ、酒で下味をつけておきます。
2.ソーセージは、包丁で斜めに切り込みを入れます。
3.トウモロコシは5センチの厚さに輪切りにします。
4.ピーマンは、へたをとって縦に割ります。玉ねぎは、1センチの厚さで輪切りにします。ししとうがらしはそのままでいいでしょう。
5.バーベキューソースを混ぜ合わせます。

 

◆調理
各材料を適当に串に刺して、バーベキューソースをつけながら焼きます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
おなべで炊くカレーピラフ
----------------------------------------------------------------------------------

 

おなべでご飯を炊いてみましょう。ピラフは、おなべで炊いたほうがより本格的に仕上がります。おいしく炊くコツは? お米を洗ってからざるにあげて30分ほど乾かしておくことです。ご飯が炊けたら、火をとめて5分ほど蒸らします。味がしっかりとしみ込んで、おいしいカレー味のピラフが出来上がりです!

 

お米をつかったアウトドア料理レシピ おなべで炊くカレーピラフ

 

◆材料(4人分)
・米・・・カップ3
・ひき肉(あいびき)・・・100g
・玉ねぎ・・・1個
・ニンジン・・・1/2本
・グリーンピース(冷凍)・・・大さじ2
・ニンニク、しょうが・・・各1片
・ローリエ・・・1枚
・スープストック・・・カップ3
(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

 

・カレー粉・・・大さじ2
・バター・・・大さじ2
・塩、コショウ・・・少々

 

*必要な調理用具・・・フライパン、なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.米・・・洗ってざるにあげ、30分程度乾かしておきます。
2.具の準備
・玉ねぎ・・・皮をむいて、みじん切り。
・ニンジン・・・みじん切り。
・グリーンピース・・・解凍。
・ニンニク、しょうが・・・みじん切り。
・スープストックは温めておきます。

 

◆調理
3.フライパンにバターの半量(大さじ1)を溶かして、ニンニクとショウガを香りが出るまで炒めます。
4.3に玉ねぎ、ニンジン、ひき肉を入れ、パラパラにほぐしながら炒め合わせます。
5.なべに残りのバター(大さじ1)を溶かして、米を透明になるまで炒めます。
6.4の具材を5のなべに入れ、カレー粉と温めたスープストック、ローリエを入れて塩、コショウで味をととのえ、ふたをして強火で炊きます。沸騰したら弱火にし、さらに15〜16分炊きます。
7.ご飯が炊き上がったら、グリーンピースを加えて5分ほど蒸らして出来上がり!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
おなべでご飯を炊いてみよう
----------------------------------------------------------------------------------

 

何はともあれ、ご飯さえあれば何とかなってしまう・・・それはアウトドアでも同様です。アウトドアでご飯を炊くというと、「飯ごう炊飯」を連想します。でも・・・飯ごうでご飯を炊いた経験、ありますか? 飯ごうで炊いたご飯は、実においしいのですが・・・慣れない方には、なかなか難しいものがありますよね。
そこでもっと手軽に、おなべでご飯を炊いてみましょう。ご飯さえあれば・・・あとは、カレーライスにしたり、ハヤシライスにしたり・・・あるいは、ひき肉やエビ、鶏肉をいっしょに炊き込んでピラフや炊き込みご飯にしたり・・・と、メニューも広がります。

 

おなべでご飯を炊くときのポイント
★なべは厚手の深いなべが最適です。しっかりとふたのできるものを選びましょう。
★水の分量は、お米の重量の1.25倍が適量。
*例:お米2カップ(320g)の場合は、水2カップ(200g)。
*ピラフなどでスープストックを利用するときも同量。お米2カップに、スープストック2カップ(水2カップに固形スープの素1個)。
★火加減は、なべの音を聞きながら調整します。
1.お米を吸水させ、なべにお米と水を入れて、ふたをし、最初は中火の強にします。
2.沸騰したら、コトコトと音がする程度に弱火にして15分ほど炊きます。
3.なべ底からパチパチと音がし始めたら強火にして10秒加熱し、火を止めます。
4.約10分蒸らしてから、しゃもじで全体を混ぜ、ふたに乾いたふきんを挟んで余分な蒸気を吸い取らせます。

 

*必要な調理用具・・・おなべ

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
キュウリのヨーグルトスープ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドア料理というと、お肉や魚介のバーベキューや鉄板焼きといった料理がお馴染みですが、さっぱりとしたサラダやスープなどがあると、とてもおいしく感じられます。簡単にできるヨーグルトスープなど、いかがでしょう。
レシピといってもあってないようなもの!生のキュウリを細かく刻んで、たっぷりすぎるほどのヨーグルトと混ぜ合わせるだけです。
真っ白なヨーグルトのスープにキュウリの緑が目にも鮮やか。ニンニクが味にしまりを与え、ミントの香りが爽やかさを高めます。

 

キュウリのヨーグルトスープ

 

◆材料(4人分)
・キュウリ・・・4本
・ヨーグルト(プレーン)・・・2カップ
・ニンニク・・・1片
・オリーブオイル・・・大さじ2
・塩・・・少々
・ミント(乾燥させたもの)・・・適量
*お好みで生クリームを適宜加えるとコクがでます。

 

◆つくり方
1.ヨーグルトをよく混ぜてなめらかにします。つぶしたニンニクと、塩少々を混ぜます。
2.キュウリは皮をむいて、細かく刻みます。
3.1に2のキュウリを加えて混ぜ、仕上げにオリーブオイルとミントを入れます。お好みで生クリームを入れるとコクが出ます。

 

*おいしく作るコツは、ヨーグルトをあらかじめよく混ぜてなめらかにしておくことです。甘味をあえて加えないほうがさっぱりしますが、ヨーグルトの酸味が苦手なかたやお子様には、少量のはちみつを加えてもいいですね。キュウリのほかに、フルーツを加えると食べやすくなります。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
ツナ缶のカナッペ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドア料理では、缶詰をうまく利用して、手間と時間を省きましょう。ツナ缶はそのままでもおいしくいただけるのでアウトドア料理の強い味方です。カリッと焼いたフランスパンにマヨネーズで和えたツナ缶をのせていただきましょう。ビールがおいしいですよ!
簡単に、スピーディにできます。アウトドア料理としてだけでなく、普段、ちょっとしたお夜食や、お父さんのお酒のおつまみにも最高です!

 

ツナ缶の代わりに、サケ缶でもおいしくできます。パンは、フランスパンの他、ライブレッドなどの薄切りでもいいですね。普通の白い食パンを焼いても、もちろんOK!アウトドア料理では何事もこだわらないことが大切。臨機応変にある物でおいしく応用してください。

 

缶詰をつかったアウトドア料理レシピ ツナ缶のカナッペ

 

◆材料(4人分)
・ツナ缶・・・200g
・マヨネーズ・・・適宜
・パセリ・・・少々
・パン(フランスパン、ライブレッドなど、お好みのもの)・・・薄切り4枚
・バター・・・大さじ2

 

*レモン・・・飾り用適宜
*必要な調理用具・・・フライパン

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ツナ缶は缶汁を切って、ほぐし、マヨネーズと刻んだパセリを混ぜます。

 

◆調理
2.フライパンにバターを熱し、パンをカリッと焼き上げます。
*お好みでニンニクのスライスを加えると風味がぐんと良くなります。
3.2に1のツナをのせて、いただきます。
*飾りつけにレモンの薄切りを添えて、食べるときにレモンの汁をかけるとさっぱりといただけます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
エビのベーコン巻き
----------------------------------------------------------------------------------

 

ベーコンを巻いたエビを串に刺して焼きます。エビはひと串に10尾ずつぎっしりと刺すことでボリューム満点です。見た目にも豪華なのでアウトドアで盛り上がること間違いなし! レモンを添えてさっぱりといただきましょう。アウトドア料理のレシピに是非、加えてみてはどうでしょう?
あらかじめご自宅で串に刺すまでの下準備をしていくと、現地で焼くだけです。
エビにベーコンを巻く作業をお子さまに手伝ってもらってはどうでしょう?きっと楽しくお手伝いしてくれますよ。

 

エビのベーコン巻き レシピ

 

◆材料(4人分)
・大正エビ(冷凍)・・・40尾
・ベーコン・・・20枚
・レモン・・・1/2個
・コショウ・・・少々
*必要な調理用具・・・フライパン、金串

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.エビは自然解凍し、殻をむいて水気をとり、コショウ少々をふります。
2.ベーコンは1枚を半分の長さに切ります。
3.エビを1尾ずつ、ベーコンを巻き、金串1本にエビ10尾ずつを刺します。

 

◆調理
4.フライパンに油を熱し、3のエビを入れて強火で両面に焦げ目をつけます。
5.4のエビをお皿に盛り、レモンを添えていただきます。
*直火で焼いてももちろんOK!エビの代わりに、生食用のカキを使ってもコクがあっておいしいです!ベーコンの幅が大きいときは、縦に半分にすると良いでしょう。

 

このまま何もつけなくてもベーコンの塩味とレモンの酸味でおいしく召し上がっていただけますが、お好みでケチャップ、ウスターソース、あるいはカラシなどをつけてお召し上がりください。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
コンビーフカレー
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドアでの活動で食事はもちろん大切な要素です。楽しみでもありますよね。しかし、食事作りにばかり時間をとられてしまうのも考えものです。缶詰をうまく使って、かつ野性味たっぷりのアウトドア料理を楽しみましょう。

 

コンビーフの缶詰を使い、あとは適当に?季節の野菜を適当に?どんどん切って、炒め、最後にコンビーフを加えて味をととのえれば出来上がり! おいしさの秘訣は、ベーコンをプラスすることでしょうか。味にコクと深みが出ます。

 

カレー粉の風味が食欲を刺激して、おいしいカレーの出来上がりです!

 

缶詰をつかったアウトドア料理レシピ コンビーフカレー
◆材料(4人分)
・コンビーフの缶詰(大)・・・1缶
・ベーコン・・・2枚
・玉ねぎ・・・1個
・ニンジン・・・1/2本
・ピーマン・・・2個
・水・・・1カップ
・固形スープの素・・・1個
・カレー粉・・・大さじ1
・小麦粉・・・少々
*しょうゆ、ソース・・・適宜

 

*必要な調理用具・・・なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ベーコンは、2センチ幅に切ります。
玉ねぎは、くし型に切ります。
ピーマンは、へたと種を取って、8つ割にします。
ニンジンは、食べやすい大きさに乱切りにします。

 

◆調理
2.なべにベーコンと玉ねぎ、ニンジンを入れて炒めます。
3.2のなべに水を入れ、ベーコン、玉ねぎ、ニンジンに固形スープの素、カレー粉を加えてひと煮立ちさせます。
4.3にピーマンと、あらくほぐしたコンビーフを加え、小麦粉少々を加えて少しとろみがつくまで煮込みます。しょうゆ、ソースでお好みに味をととのえで出来上がり!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
お好み焼き
----------------------------------------------------------------------------------

 

現地で鉄板が用意できる場合は、是非、お好み焼きを目の前で焼きながら召し上がってください。具材は自由、牛肉、エビ、ベーコン、イカ・・・なんでもOK!わいわいいいながら自分たちの手で焼いたお好み焼きを切り分けていただくときのおいしさは最高です。
牛乳を入れた特性のタネです。ふんわりと仕上がります。

 

鉄板をつかったアウトドア料理レシピ お好み焼き

 

◆材料(4人分)
*タネ
・牛乳・・・2カップ
・卵・・・2個
・小麦粉・・・4カップ
・キャベツ・・・4枚
・ベーコン・・・16枚

 

*A基本の具材
・牛肉(薄切り)・・・200g
・大正エビ・・・8尾
・イカ・・・1杯

 

*Bそのほかあると嬉しい具材
・中華蒸しそば・・・2玉
・ニンジン・・・1/2本
・ピーマン・・・2個
・もやし・・・100g

 

*ソース
・トマトケチャップ・・・1/2カップ
・ウスターソース・・・1/3カップ
・カレー粉・・・大さじ1
*必要な調理用具・・・鉄板

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ボウルに牛乳、卵を入れてよく混ぜ、小麦粉を少しずつ入れて混ぜて、基本のタネを作ります。
2.キャベツはせん切りに、ベーコンもせん切りにします。ニンジン、ピーマンは細切りに、もやしは洗って水気を切ります。
3.1に2を加えて、タネの出来上がり。
4. 牛肉は横二つに切ります。エビは背わたを除いて殻をむきます。イカはわたを抜いて皮をむき、2センチ幅の長方形に切ります。

 

◆調理
5.それぞれの具材で焼いていきます。
基本の具材Aからお好みのものと1つ選びます。鉄板に油を薄く塗り、3のタネを流し、Aの具材をのせて焼き、ソースをつけていただきます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
牛肉のトマト煮込みスープ
----------------------------------------------------------------------------------

 

牛肉をぐつぐつとひたすら煮込むだけで、こんなにおいしくなってしまうなんて! 驚きのスープです。おいしく仕上げるコツは、浮いてくるアクをその都度ていねいにすくうことです。サワークリームを添えて、ちょっとおしゃれに?召し上がれ!
牛肩肉をじっくり時間をかけて煮込むとおいしいのですが、アウトドアではきっとみんなおなかがぺこぺこですものね、もも肉を使ったほうが早くやわらかくなるでしょう。

 

牛肉をつかったアウトドア料理レシピ 牛肉のトマト煮込みスープ
◆材料(4人分)
・牛もも肉・・・300g
・ニンジン・・・1本
・玉ねぎ・・・1個
・セロリ・・・2本
・キャベツ・・・1/4個
・トマトジュース・・・195g缶を1缶
・ローリエ・・・1枚
・水・・・10カップ

 

・塩、コショウ・・・各少々
・サワークリーム・・・適宜

 

*必要な調理用具・・・厚手の深なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.牛もも肉は、3センチ角に切ります。
2.ニンジンは、1センチ厚さのいちょう切り。玉ねぎは、1センチの角切り。セロリは、すじをとって1センチ幅の小口きりにします。キャベツは芯を取らないで2センチ幅にざく切りにします。

 

◆調理
3.なべに牛もも肉とニンジン、玉ねぎ、セロリを入れて、トマトジュース、ローリエを加え、水10カップを加えて強火にかけます。ふたはしません。
4.煮立ったら、アクをすくい、火を弱めます。塩、コショウ少々を加えて、ふたなしで1時間、グツグツとひたすら煮込みます。
5.アクをすくいながら煮込み、1時間したらキャベツを加え、ふたをしてさらに煮込むこと30分。
6.仕上げに塩、コショウで味をととのえ、器に盛ります。サワークリームを別容器に入れて添えて出し、お好みでスープに落としていただきましょう!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
チキンピラフ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドアでご飯をおなべで炊いてみましょう。意外においしくできてびっくりです!アウトドアならきっと何でもおいしく感じられるのかもしれませんね。ご飯に目玉焼きをのせればお子さまも大喜びですよ!

 

お米をつかったアウトドア料理レシピ チキンピラフ

 

◆材料(4人分)
・米・・・カップ3
・鶏肉・・・150g
・玉ねぎ・・・1個
・マッシュルーム・・・8個
・グリーンピース(冷凍)・・・大さじ2
・ニンニク、しょうが・・・各1片
・ローリエ・・・1枚
・スープストック・・・カップ3
(分量の水に固形スープの素1個を溶かす)

 

・バター・・・大さじ2
・塩、コショウ・・・少々
・ケチャップ・・・1/2カップ

 

・卵・・・4個

 

*必要な調理用具・・・フライパン、なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.米・・・洗ってざるにあげ、30分程度乾かしておきます。
2.具の準備
・鶏肉・・・小口切り。
・玉ねぎ・・・皮をむいて、みじん切り。
・マッシュルーム・・・薄切り。
・グリーンピース・・・解凍。
・ニンニク、しょうが・・・みじん切り。
・スープストックは温めておきます。

 

◆調理
3.フライパンにバターの半量(大さじ1)を溶かして、ニンニクとショウガを香りが出るまで炒めます。
4.3に玉ねぎ、鶏肉を入れ、炒め合わせ、さらにマッシュルームを加えて炒めます。
5.なべに残りのバター(大さじ1)を溶かして、米を透明になるまで炒めます。
6.4の具材を5のなべに入れ、温めたスープストック、ローリエを入れて塩、コショウで味をととのえ、ふたをして強火で炊きます。沸騰したら弱火にし、さらに15〜16分炊きます。
7.ご飯が炊き上がったら、ケチャップを加えて全体を混ぜ、グリーンピースを加えて5分ほど蒸らします。
8.ご飯を蒸らしている間に、フライパンで目玉焼きを作ります。
9.ピラフを器に盛り、目玉焼きをのせて召し上がれ!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
ソーセージとベーコンのポトフ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドア料理では、「なべ」ひとつでできてしまうことが何より嬉しいですよね。このソーセージとベーコンのポトフは、大きななべに、ざっくり切った材料をどんどん入れてあとはぐつぐつ煮込むだけ!本当に手間のかからない、お手軽で・・・かつとってもおいしい料理です。ソーセージとベーコンからおいしいダシがでるので味付けも不要。
お子さまはそのまま、大人の方はカラシをつけていただくと、味にアクセントがつきます。お子さまといっしょに楽しく手作りしてみてはどうでしょう!

 

肉をつかったアウトドア料理レシピ ソーセージとベーコンのポトフ

 

◆材料(4人分)
・ソーセージ(大きなフランクフルトソーセージがGood!)・・・4本
・ベーコン(塊)・・・200g
*野菜(お好みで)
・キャベツ・・・1/2個
・ニンジン・・・1本
・玉ねぎ・・・1個
・ジャガイモ・・・2個

 

・固形スープの素・・・3個
・水・・・カップ6
・ローリエ・・・1枚

 

・塩、コショウ・・・少々
・粒マスタード・・・お好みで

 

*必要な調理用具・・・なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.材料を切ります。
・ソーセージ・・・竹ぐしでまんべんなく穴を開け、味がしみ込みやすくします。
・ベーコン・・・塊を8つに切ります。
・キャベツ・・・1/2個をさらに4等分にくし切り。
・ニンジン・・・大きめの乱切り。
・玉ねぎ・・・皮をむいて8つにくし切り。
・ジャガイモ・・・皮をむいて4つ割りし、水にさらします。

 

◆調理
2.なべに1の材料を入れ、固形スープの素、水、ローリエを加えて強火にかけます。
3.煮立ったら、コトコト煮立つ程度に火を弱め、アクを取りながら約30分煮ます。
4.材料が柔らくなったら、塩、コショウで味をととのえて出来上がり!
*お好みでマスタードを添えて召し上がれ!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
白身魚のカレースープ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドアでは、材料を切って入れて、あとはぐつぐつ煮込むだけ!というおなべひとつでできてしまう料理が嬉しいですよね。
タラやタイなどの、白身魚をたっぷりの野菜といっしょに煮込んだスープです。あっさりとした白身の魚は、カレー味にすると味がひきしまります。

 

おなべひとつでできるアウトドア料理レシピ 白身魚のカレースープ

 

◆材料(4人分)
・白身魚(生タラ、タイなど)の切り身・・・4切れ
・ジャガイモ・・・2個
・玉ねぎ・・・1個
・ニンジン・・・1/2本
・セロリ・・・1本
・固形スープの素・・・1個
・カレー粉・・・小さじ2
・バター・・・大さじ1
・塩、コショウ・・・各少々

 

*必要な調理用具・・・厚手の深なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.白身魚の切り身は洗ってよく水気をふき取ります。ざるの上で薄く、塩、コショウをします。
2.ジャガイモは皮をむいて1センチ幅の拍子切りに。玉ねぎは薄くスライスに。ニンジンは4センチ程度の細切りに。セロリは筋を取り、ニンジンと大きさを揃えます。

 

◆調理
3.なべに、ジャガイモ、白身魚、ニンジン、玉ねぎ、セロリの順に重ねて入れ、かぶるほどの水を加えて固形スープの素を入れます。
4.3をはじめは強火で煮立て、煮立ったら火を弱めてアクをとります。カレー粉を入れて、さらにぐつぐつと10分ほど煮込みます。
5.塩、コショウで味をととのえ、最後にバターを溶かしてコクをプラスします。
*バターの代わりに生クリームを加えると味がまろやかになります。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
ジャガイモとベーコンのオムレツケーキ
----------------------------------------------------------------------------------

 

まるでケーキのようなジャンボオムレツです。切ったジャガイモをあえて水にさらさずに、でんぷん質をつなぎとして生かすことで大きく、ふんわりと仕上げます。ベーコンのうま味と生クリームのまろやかさがマッチした見栄えのする料理です。
アウトドアで、みんなの目の前で切り分けると、場が盛り上がります!

 

フライパンひとつでできるアウトドア料理レシピ ジャガイモとベーコンのオムレツケーキ

 

◆材料(4人分)
・ジャガイモ・・・4個
・ベーコン・・・4枚
・卵・・・4個
・パセリ・・・適宜
・生クリーム(または牛乳)・・・大さじ2
・バター・・・大さじ1(ジャガイモを炒めるとき用)

 

・バター・・・大さじ2(オムレツを焼くとき用)
・塩、コショウ・・・少々

 

*必要な調理用具・・・フライパン

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ベーコンは1センチ幅に切ります。
2.パセリはみじん切りにします。

 

◆調理
3.ベーコンをフライパンでカリッとするまで炒め、いったん取り出します。ベーコンから出た油にうま味が出ているので捨てないでそのままジャガイモを炒めるのに生かします。
4.ジャガイモを1センチ角の棒状に切り、すぐに3のフライパンにバターを加えたなかでこんがりと色づくまで炒めます。塩、コショウ、パセリのみじん切りを加えます。
*ベーコンの塩味が出ているので塩は控えめに!
5.卵をほぐして生クリームを加え、塩、コショウ、3のベーコン、4のジャガイモを加えます。
6.フライパンにバターを溶かし、5を一気に流し入れます。全体を大きくかき混ぜ、形をととのえ、ふたをして蒸し焼きにします。
7.固まりかけたら上下を引っくり返して、裏面もこんがりと焼きます。
8.フライパンにお皿をかぶせるようにしてお皿に移し、食卓で切り分けていただきます。
*お好みで、ケチャップ、ウスターソース、マヨネーズ・・・カラシなど、添えていただきます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
丸ごとボイルドチキン
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドアでは、料理もダイナミックにいきたいものですよね! そこで簡単だけど、ワイルドで、見た目にも華やかなボイルドチキンはいかがでしょう?
豪華な見た目にわりには、なべに素材(ひな鳥を丸ごと入れます)を入れて、大きめに切った野菜といっしょにぐつぐつ煮込むだけです。
できあがったときに食卓でチキンを切り分けるときの盛り上がりようは・・・きっと楽しい思い出になります。
ひな鳥は、下処理してあるものを求めましょう。

 

鶏肉をつかったアウトドア料理レシピ ボイルドチキン

 

◆材料(4人分)
・ひな鳥(下処理してあるもの)・・・1羽

 

*香草類
・ローリエ・・・1枚
・ローズマリー・・・少々
・粒コショウ・・・3粒

 

・玉ねぎ・・・2個
・セロリ・・・2本
・ニンジン・・・1本

 

*必要な調理用具・・・厚手の深なべ(鶏が丸ごと1羽入るぐらいのもの)

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ひな鳥はきれいに洗って、水気をよくふき取ります。おなかのなかに*香草類を入れて、皮に塩、コショウを手のひらでよくすり込みます。
*香草類は、小さなガーゼの袋に入れてから鶏のおなかに入れると食べるときに処理しやすいです。
2.玉ねぎは縦に2つに切ります。セロリは筋をとって、10センチ程度の長さに切ります。ニンジンは1本を4つに割るぐらいに大きめに切ります。

 

◆調理
3.鶏が一羽ゆったりと入るぐらいのなべを用意し、そのなかに1の鶏と2の野菜を入れて、たっぷりとかぶるほどの水を入れます。
4.3を強火にかけ、煮立ったらアクをとり、火を弱めます。途中、浮き上がってくるアクをていねいにとりながら1時間ほど煮込みます。
*途中、一度鶏肉を上下にひっくり返します。
5.材料が柔らかくなったら、出来上がり!
6.各自の器に野菜を盛り付け、鶏肉は食卓で切り分けると場が盛り上がります!
*お好みで粒マスタードをつけていだだきます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
ラタトゥユ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドア料理では、なるべく手間をかけずに、調理器具も最低限のものだけでできて・・・かつ、おいしいのが何よりも大切なことですよね。ラタトゥユは、ピーマンやナス、たまねぎ、トマト・・・お好きな野菜を食べやすい大きさに切って、おなべでさっと炒め、そのままそのおなべで煮込むだけ! 水を加えなくても・・・いえいえ、加えないからこそ野菜のうま味が100パーセント引きだされておいしく仕上がります。
アウトドアで野菜本来のおいしさを味わう!・・・なんとも幸せな瞬間ですよね。
普段は、野菜嫌いのお子さまも、きっとぱくぱく食べちゃいますよ!

 

おなべひとつでできるアウトドア料理レシピ ラタトゥユ

 

◆材料(4人分)
・ピーマン(できれば赤、緑、黄色などなど・・・)・・・2個
・ナス・・・2個
・玉ねぎ・・・1個
・ズッキーニ・・・1本
・トマト(できれば完熟)・・・1個
*ないときは、ホールトマトの缶詰250g1缶

 

・ニンニク・・・2片
・オリーブオイル・・・大さじ4
・固形スープの素・・・1個
・塩、コショウ・・・各少々

 

*必要な調理用具・・・厚手で大きめのおなべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ピーマン、ナスは乱切り、玉ねぎはくし切り、ズッキーニは輪切りにします。
*あまり気にせず、食べやすい大きさでOK!
2.トマトは皮を湯むきして、粗みじんにします。
3.ニンニクはみじん切りに。

 

◆調理
4.ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒めて香りが出てきたら、玉ねぎを加えてさらに炒めます。
5.残りの野菜も加えてよく炒めます。
*ホールトマトの缶を利用するときは、缶汁ごと入れてしまいましょう!
6.5に固形スープの素を入れて、少し煮込みます。
7.野菜が柔らかくなったら塩、コショウで味をととのえて出来上がり!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
何でも野菜のミルクスープ
----------------------------------------------------------------------------------

 

ニンジンやピーマン、玉ねぎ、キャベツなど、お好みの野菜と、マッシュルームなどのきのこ類をミルク仕立てで優しく煮込んだスープです。ベーコンからおいしいダシが出るので、ひたすら煮込むだけでOK!おなべひとつでできてしまうのでアウトドア料理にぴったりです。案外、ボリュームがあります。
ベーコンは、薄切りでもいいですが、塊のほうが食べ応えがあるかもしれません。ベーコンのカロリーが気になる方は、ハムやエビなどでもおいしくできます。さっぱりしておいしいですよ。
野菜は何でもOK!ほかのお料理で残った端切れを捨てずに入れてしまいましょう。ベー

 

おなべひとつでできるアウトドア料理レシピ 野菜のミルクスープ
◆材料(4人分)
・ベーコン・・・薄切りを4枚または塊を1本
・ニンジン・・・1本
・ピーマン・・・3個
・玉ねぎ・・・1個
・キャベツ・・・1/2個
・マシュルーム(缶詰め)・・・2缶
・牛乳・・・5カップ
・生クリーム・・・適宜
・固形スープの素・・・2個
・塩、コショウ・・・少々

 

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ベーコン、ニンジン、ピーマン、玉ねぎ、キャベツは、それぞれ食べやすい大きさに切ります。ニンジンは、さっと下ゆでしておきます。
2.なべでベーコンを炒め、ベーコンから出る油でほかの野菜類を炒めます。
3.牛乳、固形スープの素を入れて、煮込みます。
*ふきこぼれやすいので注意します。
4.材料がやわらかくなったら、生クリームを加え、塩、コショウで味をととのえます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
ライスサラダ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドアでは、バーベキューや鉄板焼きなど、お肉やお魚でおなかがいっぱいになりがちです。ご飯を炊くまでではないけれど、何か一品、お米を使った料理があると落ち着きますね。そこで、さっぱりといただけるライスサラダはいかがでしょう?
ご飯は持参するとよいでしょう(その場で炊いてもOK!) 冷めたご飯を逆に生かして、ドレッシングで和えます。冷凍のミックスベジタブルを使えば手軽です。アウトドア料理では、冷凍素材をうまく利用し、手間を省けるところは省き、こだわるところはこだわり・・・とメリハリをつけましょう!
エビとグリーンピースの彩りが美しい一品です。

 

ご飯をつかったアウトドア料理レシピ ライスサラダ

 

◆材料(4人分)
・冷やご飯・・・4カップ
・冷凍ミックスベジタブル・・・1カップ
*下味用・・・酢、塩、少々

 

・ムキエビ・・・200g

 

*ドレッシング
・酢・・・大さじ1
・塩、コショウ・・・各少々
・サラダ油・・・大さじ3

 

*必要な調理用具・・・なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.ミックスベジタブルは、凍ったまま熱湯でゆでてざるに上げ、酢、塩をふって下味をつけておきます。
2.エビは背わたを除き、さっと塩ゆでしてゆで汁をきっておきます。
3.ドレッシングを作ります。ボウルに酢、塩、コショウを入れて、塩を溶かすようによく混ぜてから、サラダ油を少しずつ加えて攪拌します。

 

◆調理
4.大きめのボウルにご飯を入れ、ミックスベジタブル、エビを加えます。食べる直前にドレッシングでさっと和えて出来上がりです!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
スイカの皮の白ごまサラダ
----------------------------------------------------------------------------------

 

夏のビーチの定番といえば?・・・スイカ割り!
でも、食べた後の皮・・・どうしていますか? そのまま捨ててしまうのはなんとも忍びない!
アウトドア料理では、環境に優しく、ごみは極力出さないように工夫したいもの。そこで、スイカの皮もおいしく調理していただいちゃいましょう! 白ごまをたっぷりふってゴマサラダにします。甘酢を加えたマヨネーズで和えることでお子さんにもおいしく召し上がっていただけるでしょう。

 

環境に優しいアウトドア料理レシピ スイカの皮の白ごまサラダ

 

◆材料(4人分)
・スイカの皮・・・1個分
*少し赤いところが残っていると・・・嬉しいのですが・・・。

 

・白ごま・・・大さじ4

 

*甘酢(お好みで酢っぱさや甘さを加減してください)
・酢・・・大さじ3
・砂糖・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・だし汁・・・大さじ1
・マヨネーズ・・・大さじ2

 

*必要な調理用具・・・フライパン、すり鉢

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.スイカの皮は、外の硬い部分をむいて、中の薄緑色と少し赤い部分(残っているかな〜)を薄切りにします。
2.1をざるに広げて2〜3時間、陰干しにします。
3.甘酢の材料を混ぜておきます。

 

◆調理
4.白ごまを軽く炒って、熱いうちにすり鉢でよくすります。
5.うっすらと油がにじむくらいになめらかになったら、3の甘酢を徐々に加えて延ばしていきます。
6.食べる直前に、2のスイカの皮を5で和えます。
7.器に盛って、いただきます!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
豚汁
----------------------------------------------------------------------------------

 

豚肉に、大根やニンジン、ゴボウ、サトイモ・・・など、根野菜をたっぷり入れて大きな鍋でグツグツ煮込んだ豚汁は、青空の下で、あるいは星空の下で食べると格別のおいしさです! 熱々を、みんなでわいわい言いながら取り分けていただきましょう。

 

豚肉をつかったアウトドア料理レシピ 豚汁

 

◆材料(4人分)
・豚肉・・・80g
・大根・・・1/4本
・ニンジン・・・1/4本
・サトイモ・・・2個
・ゴボウ・・・1/2本
・ネギ・・・1/2本
・だし汁・・・4カップ
・みそ・・・60g
・しょうゆ・・・少々
・七味とうがらし・・・適宜

 

*必要な調理用具・・・なべ

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.豚肉は一口大に切ります。
2.大根、ニンジンは、皮をむいていちょう切りに。
3.サトイモは、たわしでこすって皮をしごいてとり、半月切りにしたあと、沸騰したお湯でさっとゆで、塩でもみ、ぬめりけを取ります。そのあと水洗いしてざるにあげます。
4.ゴボウは泥をたわしで落とし、包丁の背で軽く皮をこそげてから小口切りにして、水につけアクを抜きます。
5.ネギは小口切りにします。

 

◆調理
6.だし汁に半量のみそを加えて、野菜(大根、ニンジン、サトイモ、ゴボウ)を入れて煮込みます。
7.6に豚肉を入れ、火が通ったら、残りのみそを汁の一部で溶きながら加えます。
8.しょうゆを少々加えて味をととのえ、ネギを入れて火を止めます。
9.大人の方は、お好みで七味トウガラシをふると味にしまりが出ます!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
オイルフォンデュ
----------------------------------------------------------------------------------

 

エビやホタテ、キス、イカなど、新鮮な魚介類を下処理し、軽く塩、コショウをふれば準備OK!
あとは、フォンデュなべ(または小さなミルクパン)に油を入れて、卓上で温めて各自、お好みの具を金串に刺して揚げながらいただきます。
卓上コンロが使えることが必要です。また小さなお子さんには危ないので、大人の方が代わりに揚げてあげましょう・・・大人だけの集まりで楽しむレシピとしたほうがいいかもしれませんね。
辛口の白ワインがぴったりの大人のためのアウトドア料理レシピです。

 

大人のためのアウトドア料理レシピ オイルフォンデュ

 

◆材料(4人分)
・大正エビ・・・8尾
・イカ・・・2杯
・ほたて貝・・・4個
*その他、白身の魚(キスなど)、巻貝、など。
・塩、コショウ・・・各少々

 

*ソース
お好みでタルタルソース、ウスターソースなど。

 

*必要な調理用具・・・フォンデュなべ(なければ小さなミルクパンでもOK!)

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.エビは、尾の一節だけを残して殻をむき、背わたを抜きます。尾の先端を切って、包丁で水分をしごき出しておきます。
2.イカは、皮をむいて1センチメートル幅の輪切りにします。
3.ほたて貝は食べやすい大きさに切ります。
その他、キスはわたを出して食べやすい大きさにします。
4.すべて材料に軽く塩、こしょうをふり、大皿に盛り付けます。

 

◆調理
5.フォンデュなべに油を入れて温め、卓上コンロへ移動させます。
6.油の温度が170〜180℃ぐらいになったら、各自のお好みの具材を金串に刺して、素揚げし、お好みのソースをつけていただきます!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
鶏肉の照り焼き
----------------------------------------------------------------------------------

 

骨付きの鶏のモモ肉に、甘辛のタレをたっぷり絡めて照り焼きにします。鶏肉は、皮目からフォークを刺して穴をあけておくことで、味がよくしみ、身が縮まないようにするコツです。ポリ袋に鶏肉と調味料を入れ、よくもみ混ぜて下味をしっかりとつけます。調理器具は、なべひとつですので、後片付けも簡単です! アウトドア料理のレシピに是非、加えてください。
青空の下、ビールがおいしい一品です。

 

鶏肉をつかったアウトドア料理レシピ 鶏肉の照り焼き

 

◆材料(4人分)
・鶏モモ肉(骨付き)・・・4本

 

☆調味料
・しょうゆ・・・大さじ4
・砂糖・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ2
・おろししょうが・・・少々

 

・酒・・・大さじ3
・サラダ油・・・大さじ1

 

*必要な調理用具・・・なべ

 

<つくり方>
1.鶏モモ肉(骨付き)は、フォークの先で皮目をつつき、ところどころに穴をあけます。味がよくしみこみ、身が縮まないようにするコツです。
2.1と、☆調味料(しょうゆ、砂糖、みりん、おろししょうが)をポリ袋に入れて、よくもみ混ぜて30分ほどおき、下味をしっかりとしみこませます。
3.なべにサラダ油を熱し、2の鶏肉を皮目から入れて、うっすらと焦げ目がついたら引っくり返して焼き、余分な油を捨てます。
4.酒をふりかけてぴったりとふたをし、蒸し焼きにします。
5.2のつけ汁を加えて少し煮つめて、肉に絡ませます。
6.お皿に盛っていただきます!
*レモンのくし切りを添えると彩りも美しく、さっぱりといただけます。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
エビの串焼き
----------------------------------------------------------------------------------

 

車えびまたはブラックタイガーを殻つきのまま、金串に刺して豪快に焼き上げます。強火の遠火にかざして、焦がさないように焼くのがおいしさの秘訣です。材料も、必要な用具もいたってシンプル!でも、仕上がりは豪華で、満足度は100パーセントです!

 

エビをつかったアウトドア料理レシピ エビの串焼き

 

◆材料(4人分)
・車エビ(または、ブラックタイガー)・・・8尾
・しょうゆ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ2
・みりん・・・大さじ1

 

・みりん・・・適宜(仕上げ用)
*必要な調理用具・・・金串

 

<つくり方>
1.エビは塩水(分量外)でさっと洗い、背わたを抜きます。
*背わたは、竹串を刺して抜くとうまく抜けます。
2.腹側の殻をはさみで切り、長いひげも適当に短くします。
3.しょうゆ、酒、みりんを混ぜてエビにかけて下味をつけます。10分ほどおいて味をなじませます。
*ときどき上下を裏返すと、調味料がよくからみます。
4.金串2本につき、エビを4匹ずつ、末広にうちます。エビをくるんと曲げて、4匹を同じ向きに並べるようにします。
*エビをまな板の上などに並べてから、手で押さえ、一気に刺すと刺しやすいです。
5.強火の遠火にかざして、焦がさないように焼きます。
6.火が通ったところで仕上げ用のみりんを塗ると照りが出て見た目が美しくなります。

 

*アウトドアでいただくのももちろん豪快でおいしいですし、インドアでもちょっとしたお祝いの席やパーティに、見栄えのする一品となります。

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
マスのムニエル
----------------------------------------------------------------------------------

 

魚釣りの楽しみのひとつに、釣った魚をその場で調理して食べることがあります。シンプルに焼くだけでも充分おいしいですが、ちょっとひと手間加えてみましょう。
つくり方はいたって簡単!内臓を取った魚に小麦粉をまぶしてこんがりと焼くだけです!
でも、それだけでは栄養バランスがよくありませんよね? そこで簡単にできる野菜ソースをプラスしましょう。フライパンひとつで素敵なメインの料理ができあがりです!
アウトドアでも、もちろんインドアでも、おいしく召し上がれる料理です。

 

魚をつかったアウトドア料理レシピ マスのムニエル

 

◆材料(4人分)
・マス(川マス、ニジマスなどで。おいしく召し上がれます)・・・4尾
・塩、コショウ、小麦粉、油・・適宜

 

★野菜ソース(お好みの野菜を何でも!)
・玉ねぎ・・・1個
・ピーマン・・・1個
・トマト・・・1個
・ニンジン・・・50g
・バター・・・大さじ1
・塩、コショウ・・・少々
・酒(ブランデー)・・・大さじ2

 

<つくり方>
1.マスは、うろこと内臓を取ります。
*内臓は、口から箸を突っ込み、取り出すと簡単です。
2.1のマスに塩、コショウをし、牛乳につけて小麦粉をまぶします。
3.フライパンに油を熱し、両面をこんがりと焼きます。
4.野菜ソースをつくります。野菜はすべてせん切りにし、バターでいためます。塩、コショウで味をつけ、ブランデーをふってできあがりです。
5.お皿に魚を盛りつけ、野菜ソースをたっぷりとかけていただきましょう!白ワインがよく合います!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
チーズフォンデュ
----------------------------------------------------------------------------------

 

下ごしらえをした具材をテーブルに並べたら、あとは熱々のとろけるチーズをなべごと食卓へ。各自のフォークに具材を刺して、わいわいといいながらチーズをくぐらせていただきます。すべて火が通っているので、卓上コンロなどは不要です。
チーズのなかに具材を落としたら・・・?罰ゲームにしましょう!
ワインが進む大人のためのアウトドア料理レシピです。

 

大人のためのアウトドア料理レシピ チーズフォンデュ

 

◆材料(4人分)
・フランスパン・・・1本
・大正エビ・・・8尾
・ジャガイモ・・・4個

 

*A (エビの下ゆで用)
・白ワイン・・・大さじ2
・ローリエ・・・1枚
・玉ねぎ・・・少々

 

・とろけるチーズ(グリエールチーズ、エメンタールチーズ)・・・各200g
・小麦粉・・・大さじ2
・ニンニク・・・1片
・白ワイン・・・1と1/2カップ
*お好みですが、辛口が合います。

 

・塩、コショウ、ナツメグ・・・各少々

 

*必要な調理用具・・・フォンデュなべ(なければ小さなミルクパンでもOK!)

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.フランスパンは1口大に切ります。このとき、どれにも皮が残るようにします。
2.エビは背わたをとり、かぶる程度の水にAを加えて煮立て、約10分ゆでてからそのまま冷まします。冷めたら殻をむきます。
3.ジャガイモは皮をむき、4等分して水にさらしてから下ゆでします。
4.チーズは溶かす直前にすりおろし、小麦粉をまぶします。

 

◆調理
5.フォンデュなべにニンニクの切り口をこすりつけて香りを移します。
6.5に白ワインを加えて煮立てたあと、4のチーズを少量ずつ加えてかき混ぜながら煮溶かします。
7.6に塩、コショウ、ナツメグを加えます。
8.お皿にフランスパンとエビ、ジャガイモを盛り付け、7のフォンデュなべを食卓へ移動させます。各自、フォークに自分の好きな具材を刺して、なべの底のほうからチーズをくぐらせていただきます!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
韓国風お好み焼きチヂミ
----------------------------------------------------------------------------------

 

チヂミは、小麦粉を溶いてねぎやニラなどの野菜に、あさりやエビ、タラ、カキ、などの魚介や、牛肉を入れて鉄板で焼く、韓国風のお好み焼きです。ごま油で香りよく、パリッと薄く焼き上げるのがおいしさのコツ!
薬味ソースは、お好みでしょうゆベース、酢醤油、あるいはコチュジャンなど・・・。アウトドアでは、鉄板で焼きながらいただくのがおいしいですが、フライパンで焼いて出してもいいでしょう。

 

鉄板で作るアウトドア料理レシピ 韓国風お好み焼きチヂミ

 

◆材料(4人分)
・アサリ(むき身)・・・100g
*豚肉、牛肉、エビ、カキ、など、何でもOK!
・万能ネギ・・・2束
*ニラやセリでもおいしいです!
・ごま油・・・大さじ4
・パプリカまたはピーマン・・・1個

 

*生地
・薄力粉・・・160g
・卵・・・1個
・水・・・160g(薄力粉と同量)
・しょうゆ・・・小さじ2
・塩・・・少々

 

*薬味ソース(お好みで)
・しょうゆ・・・大さじ4
・すりゴマ・・・小さじ4
・ニンニク・・・すりおろし少々
・ネギ・・・みじん切り
その他、酢しょうゆ、みそなど・・・。
*必要な調理用具・・・鉄板(フライパン)

 

<つくり方>
◆下ごしらえ
1.アサリのむき身は塩少々をふって軽くもんでおきます。
2.パプリカは細切りに。
3.万能ネギは根元を切り落として3〜4センチに切ります。

 

◆調理
4.ボウルに薄力粉を入れ、溶き卵を加えます。
5.水を少しずつ加えながら泡だて器でよく混ぜます。
6.塩、しょうゆを加えます。
7.6に万能ネギとパプリカを加えます。
8.鉄板(フライパン)を熱し、ごま油を入れて7を薄く敷き、両面をカリッと焼きます。
9.お好みの大きさに切り分け、ソースを添えて召し上がれ!

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------
魚の卵ソースかけ
----------------------------------------------------------------------------------

 

アウトドアでは魚というと、串にさして塩焼きに! というのが定番です。それもなかなか野性味たっぷりでおいしいのですが、アウトドアで夜空を見上げながら、おしゃれにワインを傾け・・・というのもたまにはいいのでは?
そんなときに白ワインにぴったりなのが、この料理です。とってもおしゃれなのですが、つくり方はいたって簡単! 道具も、大きな鍋がひとつあればOK!

 

魚は、そのときの魚釣りの収穫次第というところでしょうか? 自分で釣った魚なら何でもきっとおいしく召し上がれます!
アウトドアでなくても、新鮮なサケやタイを丸ごと一匹使えばそれこそ豪華なパーティ料理になります。

 

魚をつかったアウトドア料理レシピ 魚の卵ソースかけ

 

◆材料(4人分)
・魚(ニジマスや川マス、鮎など)・・・4〜8尾
・ローリエ、タイム(できれば生)・・・適量
・コンソメスープの素・・・4個
・白ワイン・・・3カップ
・レモンまたはライム・・・2個
・塩、コショウ・・・少々

 

☆卵ソース
・魚のゆで汁・・・500cc
・卵・・・3個分
・バター・・・250g
・塩、コショウ・・・各少々

 

☆飾り用・・・レモン(またはライム)

 

*用具:タコ糸、なべ(魚がそのまま入る大きさのものが良い)

 

<つくり方>
1.魚は、うろこと内臓を取ります。腹のなかの水気をふいてから、タイム、ローリエを詰め、タコ糸でしばります。
2.なべに1の魚を入れて、スープの素、白ワイン、塩、コショウを入れ、水をひたひたになるまで加えます。
3.レモン(またはライム)の輪切りを4〜5枚のせてふたをし、弱火で約20分ゆでます。
4.卵ソースをつくります。魚のゆで汁に卵を混ぜて湯せんにかけ、とろりとしてきたらバターを少しずつ加えていきます。塩、コショウで味をととのえます。
5.ゆでた魚のタコ糸を取り、お皿に盛ります。4の卵ソースをたっぷりとかけ、レモン(またはライム)の輪切りを添えていただきます。